ワークス ヒューマン インテリジェンス。 会社概要 :: 株式会社Works Human Intelligence

Works Human Intelligence

ヒューマン インテリジェンス ワークス ヒューマン インテリジェンス ワークス

ワークスミルククラブの特長• 安斎 富太郎(あんざい とみたろう)プロフィール 1981年 慶應義塾大学経済学部卒業 1981年 日本アイ・ビー・エム入社 社長補佐、IBM米国本社勤務 公共・公益・通信メディアサービス事業部長、理事、NTT事業部長を歴任 2006年 デル株式会社 法人企業日本代表 2011年 SAPジャパン株式会社 代表取締役社長 2015年 アルテリアネットワークス株式会社 代表取締役社長兼CEO 2020年 ワークスHI取締役副社長 東京都出身、63歳 家族構成:妻一女一男• 沿革 [ ]• 創業者の牧野正幸氏 新しい代表取締役CEOには、9月30日付で井上直樹氏が就任している。 新型コロナウイルス対策として、時差通勤や在宅勤務等に取り組まれていますか? 有効回答数:137件(前回調査の有効回答数:172件) 時差通勤や在宅勤務に取り組んでいる割合が、前回調査では58. 一方で「在宅勤務希望者のみ実施」と、原則として出社をしている企業・法人が24%、「人事部門では在宅勤務を行っていない」企業・法人は16%であることが判明しました。

7

Works Human Intelligence 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

ヒューマン インテリジェンス ワークス ヒューマン インテリジェンス ワークス

蓄積されたノウハウや高い問題解決力で、クライアントのプロジェクト成功へ導く。 新任の安斎富太郎は日本IBM出身、SAPジャパン社長等、IT企業で幅広い経営経験を有しております。

18

会社分割(吸収分割)による事業の承継及び新設会社の株式譲渡完了のお知らせ|ERP:大手企業向けERPパッケージ「HUE」 / ワークスアプリケーションズ

ヒューマン インテリジェンス ワークス ヒューマン インテリジェンス ワークス

兼松エレクトロニクスによる訴訟提起 [ ] 平成29年5月10日、はワークスアプリケーションズに対し、債務不履行があったとして損害賠償請求訴訟を東京地方裁判所に提起することを決議した。 休業中も社内の情報にアクセスできる制度• 1 ;box-shadow:0 2px 8px rgba 0,0,0,. 2012年(平成24年)• クラウドファーストの考えが定着し、クラウドシステムが検討の俎上には上がるものの、基幹業務システムでの導入は限定的です。

3

新クラウドサービス「Works Legal Output System」を提供開始|株式会社Works Human Intelligenceのプレスリリース

ヒューマン インテリジェンス ワークス ヒューマン インテリジェンス ワークス

AIを活かした新しい操作性、利便性が評価された。

会社分割(吸収分割)による事業の承継及び新設会社の株式譲渡完了のお知らせ|ERP:大手企業向けERPパッケージ「HUE」 / ワークスアプリケーションズ

ヒューマン インテリジェンス ワークス ヒューマン インテリジェンス ワークス

7月 - 設立• 設問3. WithKids [ ] ワークスアプリケーションズ運営の企業内託児スペース。 ちなみに、2011年1月にMBO(非上場化)し、経済紙などから、ACAグループが株式を譲り受けた際の、譲渡をした株主は国内の金融機関系の投資ファンド「ポラリスキャピタル」であったことが分かっています。 当社では、社会・経済情勢に合わせた諸課題についてユーザー様を対象とした調査を実施し、その結果を当社製品・サービスに反映するとともに、ユーザー様・行政機関・学術機関への還元を行っています。

17

制度を知る :: 株式会社Works Human Intelligence

ヒューマン インテリジェンス ワークス ヒューマン インテリジェンス ワークス

当該インターンシップの参加者には報酬として日当の支給と、優秀上位者には所属する教育機関(大学など)の卒業後、最大3年以内であれば時期を問わず、当人の意思に応じて入社できる入社権利として「」を発行している。 9月 - 「平成28年度情報化促進貢献個人等表彰 経済産業大臣賞」受賞• 7月 - シンガポール拠点開設• 当社の経営陣および従業員は、「顧客価値創造(カスタマーサクセス)」「対話」「責任」「革新」の4つを共通価値として、お客様の変革を支えてまいります。

6

ワークスアプリケーションズ

ヒューマン インテリジェンス ワークス ヒューマン インテリジェンス ワークス

未払賃金等請求に関する裁判 [ ] 平成26年8月20日、24年12月7日をもって休職期間満了により退職とされた元労働者が、使用者であるワークスアプリケーションズに対し、休職前である24年5月1日から同年10月10日までの時間外労働手当およびこれに対する遅延損害金の支払い、その付加金および遅延損害金の支払い、休職期間満了日までに元労働者は就労が可能となり復職要件を満たしていたのにワークスアプリケーションズから就労を拒絶されたため就労できなかったとして、同日からの賃金およびこれに対する遅延損害金の支払いを求めた。 若手研修 入社1~3年目を対象とした、プロフェッショナル養成研修、次世代リーダー研修を通して、若手の早期戦力を目指し、人材と事業の成長とともに自走する組織づくりを目指しています。