ち き そく。 四字熟語「知足安分(ちそくあんぶん)」の意味と使い方:例文付き

地図記号と地形図図式

き そく ち き そく ち

明治 めいじ13 年式 ねんしき 地形図 ちけいず 図式 ずしき 正規 せいきの 三角測量 さんかくそくりょうに 基 もとづかない 迅速 じんそく 測図法 そくずほうにより、 縮尺 しゅくしゃく2 万分 まんぶんの1で 明治 めいじ13 年 ねんから19 年 ねんまでに 合計 ごうけい921 枚 まいが 作製 さくせいされた ( 関東平野 かんとうへいやのほぼ 全域 ぜんいきと 房総半島 ぼうそうはんとう 及 および 神奈川県 かながわけんの 平野部 へいやぶの 全域 ぜんいき)。 しかし、時に自分の身の丈にあっているのか、自分の暮らしに適切であるのかを考えてみることも重要だと言えます。

12

四字熟語「知足安分(ちそくあんぶん)」の意味と使い方:例文付き

き そく ち き そく ち

また、2万5千分1 地形図 ちけいずの 原 げんデータをラスタデータからベクトルデータへ 移行 いこうした。

8

地図記号と地形図図式

き そく ち き そく ち

。 入 いれ 替 かえ 中 ちゅうの 多色刷 たしょくずりと3 色 しょく 刷 ずりの 地形図 ちけいずが 色分 いろわけされています。 多面体 ためんたい 図法 ずほうからユニバーサル 横 よこメルカトール(UTM) 図法 ずほうとなった。

9

地図記号と地形図図式

き そく ち き そく ち

昭和 しょうわ30 年式 ねんしき 地形図 ちけいず 図式 ずしき 明治 めいじ 以降 いこう 初 はじめての 非 ひ 軍事用 ぐんじようの 図式 ずしき。 また、これまでの 黒一色 くろいっしょくから3 色 しょくとなり、 横書 よこがきの 注記 ちゅうきは 右書 みぎがきから 左書 ひだりがきへと 変 かわった。 記号 きごうの 数 かずは 約 やく310と 最 もっとも 多 おおく 充実 じゅうじつしていた。

9

地図記号と地形図図式

き そく ち き そく ち

大正 たいしょう13 年 ねんには5万分1 地形図 ちけいずによる 国土 こくど 全域 ぜんいきの 測量 そくりょうが 完了 かんりょうした。 したがって、この二つの熟語を組み合わせた「知足安分」は 「現在の自分が置かれた境遇に満足し、不平不満を抱かないこと」という意味になるのです。

四字熟語「知足安分(ちそくあんぶん)」の意味と使い方:例文付き

き そく ち き そく ち

また、「安分」は「自分の置かれている境遇や身分に満足すること」を意味します。

10